ここはおすすめです!Rue Suffren No.49にある、家族経営の小さなゲストハウス、”Les Hibiscus”。この辺一帯がレトロなフレンチクオーターの優雅な美しさを持っていて、繁華街の喧噪が嘘のようです。毎日日当りの良い2階で出されるシンプルな朝食が楽しみでした。

This is one place that I can’t recommend highly enough. At Rue Suffren (Saffron Street, don’t you know) is the cosy, family-run ‘Les Hibiscus’ Guest House. It is in the heart of the elegant, quiet old French Quarter. I looked forward to the simple breakfast, served every morning on the sunny second floor of the hotel.

ポットで出される香り高いコーヒーをまず。First of all, coffee fresh from the pot.

やっぱりフランスからの影響、クロワッサン。しっかりした生地でおいしいのです。そしてこのバター。あまりにキュートなこのデザイン。この可愛らしいバターはここ以外では見かけませんでした。Naturellement, we begin with croissant. Crispy and firm. Look at this butter. It’s the cutest design I’ve ever seen. Only here in India, I guess.

毎回日替わりで新鮮なフルーツを出してくれます。手前はメロン、後方はパパイヤ。Curd=濃いヨーグルトみたいなのと一緒に。They serve different fresh fruit daily. From the top, papaya, melon, ‘curd’ (= condensed yoghurt) and…

そしてこの1番手前のフルーツはサポジラです。とっても甘くて、ねっとりとしたそれはまるでキャラメルのよう。地元の人は、”サポタ”と呼んでいました。The fruit here is the Sapodilla. It is very sweet, and tastes a bit like caramel. The Tamils call it ‘Sapota’.

スプーンですくってヨーグルトと食べます。後に出されるフレッシュジュースもそうでしたが果物類も全て室温でした。が、文句なしにおいしかったです。果物や野菜がそれ本来の味がしています。日本では必要以上に冷蔵庫でキンキンに(何だかこれらと比べると味の薄い果物等を?)冷やしてて、それに慣れっこになっていたのかなぁと。漢方医学的にも冷たい物はあんまりお勧めしてないようだし。ちょっと考える事にします、この事を。You scoop out the fruit and yoghurt together. As with the fresh juice later, it is served at room temperature. I have no complaints with that, they are both tasty. The fruit and the vegetables here taste exactly how they should, whereas in Japan tastes are watered down, and everything is served so chilled that it looses whatever taste there was. In Japan this is the norm, and we are used to it. But traditional Chinese medicine advises us never to eat chilled foods, and always consume them at room temperature. It is something I must ponder.

新鮮なフルーツとボーンチャイナ磁器。Fresh fruit and bone china. Nice.

これが搾り立てのフルーツジュース。これも日替わりなのが嬉しい。昨日は珍しいスイートライムジュース、本日は色鮮やかな、すいかのジュース。Happily the fresh fruit juice changes daily. Yesterday was freshly-squeezed Sweet Lime juice, today vivid ruby red watermelon juice.

またまた大口あけて食べとります。至福の朝食タイム。Once again I am eating with enthusiasm. It’s my blissful breakfast time.

滞在中素敵な朝食を出してくれた女性。本当にありがとう。Thankyou so much for serving us those lovely breakfasts.

ゲストハウスのエントランス。螺旋状階段。The Guest House entrance, with curved staircase.

ゲストハウスの看板。この一帯の建物は、それぞれ工夫を凝らした素晴らしい配色の塗料で外壁を飾っていて、うっとりする位です。このゲストハウスは何とも小粋なマスタードイエローを纏っていました。センスに脱帽。In the French Quarter the wall colours are beautiful. The guest house walls are clad in a dapper mustard yellow. I tip my hat to their good taste.

このゲストハウスの詳細はこちら。Les hibiscus49, Rue Suffren, Opp. Alliance Francaise, Pondicherry, 605 001, India  Tel 91-413-2227480

leshibiscus@gmail.com

Web site:www.leshibiscus.in