旅をすると、いつも私はそこの土地の人々が集う所に行きたいと思います。観光者のために作られた場所ではなく、出来る事ならこの限られたわずかな私の旅を一瞬だけでも、その土地にいる人達が集う中に解け込ませたいと思うからです。それは一概に値段がいわゆる観光客向けのぼったくり価格でなく、市場価格と言う訳だけではありません。無論私はパッセンジャーで、そこにずっと留まって生活する訳ではないのですが、だからこそハレの時間でなく、ケの時間すなわち日常を過ごしている人々の中に一時だけでも身を置きたいという強い願望があります。Whenever I hit the road, I always find myself wanting to go where the locals are. The places created for the sake of tourists are not for me, and though I may have limited time, a holiday that I know will be gone in the blinking of an eye, I want to somehow involve myself with the locals. Clearly, I am only a passer-by, not someone who will live her daily life here. All the more, then, I have a strong desire to put myself albeit briefly into their quotidian lives. Even a moment will do in the shoes of the ordinary people.

前置きが長くなりました。ポンディの立ち飲みコーヒーバー。その名も、COOLCAT=クールな猫ですって!?いいじゃないですか!?あぁ、京都の街角にも!こんなコーナーがあったらなぁ!これぞ庶民の憩いの社交場。今日も四方山話に花が咲いてます。Sorry for my long introduction. This (pic above) is a stand-up coffee bar in Pondy. Is it called ‘Coolcat’? Why not?! Oh how I wish there was a corner like this in Kyoto. It is is a social oasis for the ordinary folk. They are busy talking about, well, everything under the sun.

そして、またまたやってくれます!一杯一杯ずつだよ。さぁー、復習しましょう、ミルクを高い所から注いで..後省略。バックナンバーの『有名シェフにインド料理についてインタビューする』を参照してください。Here we go again, every cup by every cup! Let’s revise. First, pour the milk from a very high place. Then, (oh, please check my blog back-number here). And, sort of, here!

ここは、一応フランチャイズみたい。でもすべてほんとに一杯ずつ手作りしてる…。The Coolcat is a franchise, it would seem, but still they make each cup of coffee one by one. Very seriously.

チェーン店でも、紙コップなぞ無粋なものは使っちゃあいません。ステンレスの特注の専用カップで召し上がれ。一杯日本円で..8円也….。ところで、私を見つけましたか? It is a ‘coffee chain’, but they don’t use uncool paper cups, but rather reusable stainless steel vessels. One cup will set you back about 8 Japanese yen. Did you spot me in there, btw?